山間に佇む小さな湯宿 谷地の湯
田村屋旅館は、いわき市北部の山間に位置する家族で営んでいる小さな小さな旅館です。
江戸時代末期に湯で体を癒してもらう湯治宿として創業。
以来、谷地の湯と呼ばれ親しまれてきました。
観光地のような賑やかさがあるわけでも、大きな旅館のような設備があるわけでもありません。
何もない静かな環境と小さな宿があるだけ。まるで自分の家でくつろいでいるような。
それが田村屋風。
春はタラの芽の天ぷら、夏はウニの貝焼き、秋はマツタケの土瓶蒸し、冬はアンコウ鍋など
新鮮な季節の料理と、いにしえの鉱脈から湧き出す谷地の湯で静かなひと時をお過ごしください。
福島県いわき市 谷地の湯 田村屋旅館|昭和初期の外観
昭和初期の外観
福島県いわき市 谷地の湯 田村屋旅館|お風呂福島県いわき市 谷地の湯 田村屋旅館|お料理
お気軽にお問い合わせください|TEL:0246-82-3355
田村屋旅館 オンライン予約